【桜】徳川家光ゆかりの御殿稲荷神社でもソメイヨシノが満開

 

 

熱海市役所の第3庁舎入口に鎮座する「御殿稲荷(いなり)神社」のソメイヨシノが満開を迎え、購入額を巡って論争が続く岡本ホテル跡地を慈しむように見守っている。

同稲荷は、江戸幕府三代将軍・徳川家光が熱海に湯治御殿を造らせた際、御殿の鬼門除けのために京都京都伏見神社より分祀して建立した。

(熱海ネット新聞)

 

DSCN2502

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-21

    1月22日から国宝「紅白梅図屏風」展 土日は熱海梅園との無料シャトルバス

    熱海市のMOA美術館で1月22日から3月9日まで名品展国宝 「紅白梅図屏風(びょうぶ)」展が開催さ…
  2. 2021-1-21

    曽我大橋の橋下付近で遺体発見 死後2カ月、性別、年齢は不明

    1月20日午前10時5分ごろ、熱海市熱海の曽我大橋の橋下付近で工事関係者が遺体を発見し、110番通…
  3. 2021-1-21

    糸川遊歩道のあたみ桜、1・36分咲きに 見頃が1本、5分咲きが3本

    熱海市は1月19日、糸川遊歩道と熱海梅園前市道のあたみ桜の開花状況(18日現在)を発表した。「あた…
  4. 2021-1-20

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢者と高齢でない成人/1月20日

    静岡県は1月20日、熱海市に住む高齢者と高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表し…
ページ上部へ戻る