【梅桜】故障した足湯の再開は2月1日 有料初日に間に合わず 今日(30日)の熱海梅園

園内の梅の開花が二分咲きとなり、熱海梅園は予定通り、30日から同園の入場料を有料(市民・宿泊者100円、一般300円)にした。

しかし、28日から利用できない状態になっていた園内の足湯の復旧は間に合わず、同園を管理する熱海市公園緑室は「2月1日から再開する」と見解を示した。
故障の原因は「水汲みポンプの不具合」だそうで、この日大型クレーン車等を使って大規模な修理工事を行い、復旧の見通しがたったという。

(熱海ネット新聞)

 

◇梅園の足湯 梅まつり開催中の足湯施設を開放。源泉掛け流し。2008年に市が韓国庭園付近に設置。利用は無料。足湯付近で特製足湯タオルを1枚100円で販売。

 

クレーん修理

 

DSC_3322ssp

 

 

渚小公園のあたみ桜も見頃に近づいています。

小公園0130

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影=1月30日

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-10-21

    【社寺】フィナーレは勇壮な神輿パレード 今宮神社例大祭が幕

    今宮神社の氏子町内の青年、親睦神輿が連なって練り歩く、「神輿パレード」が10…
  2. 2017-10-21

    【社寺】頼朝公ゆかりの獅子神楽と稚児舞を奉納 今宮神社例大祭

    今宮神社(泉明寺みずほ宮司)例大祭は10月20日、本殿で神事が厳かに執り行われた…
  3. 2017-10-21

    【文化】芸術の秋、熱海梅園はアート色 全国からクラフト作家が64店

    「熱海芸術祭」の一環で「アート・クラフトフェスティバル」(実…
  4. 2017-10-21

    【お悔やみ】小松裕行さん(下多賀)10月19日死去

    小松裕行さん(こまつ・ひろゆき)10月19日死去、66歳。熱海市下多賀。通夜22日午後6時。告別式2…
ページ上部へ戻る