【県政】河野太郎元法務副大臣の講話

 

自民党行政改革推進本部長の河野太郎元法務副大臣は「藤曲たかひろを囲む会」で次のように話した。
「先ほど平塚から東海道線に乗って熱海に来たが、熱海で電車に乗ると新幹線で東京に行った方が早い。平塚やられたなと思いました。今、アベノミクスでやろうとしているのは外国からのお客さんを日本に呼び寄せることです。一昨年、その前年までは外国から来る客は微々たるものだった。それが去年は1300万人の外国人が日本にいらっしゃった。今年はそれを上回り1500万人になる。これから東京五輪に向けて相当のペースで増えていく。外国からのお客さんは食事でお金を使うし、買い物もしてくれる。銀座で買い物をしているのは中国人ばかりです。

外国人客は東京のホテルに宿をとって、それからホテルに荷物を置いて熱海や箱根に日帰りで温泉に行く。熱海梅園やMOA美術館を観て東京へ戻る。でもこれは東京五輪パラリンピックを考えたときに重要な意味を持つのです。事前キャンプなどで海外から訪れた関係者は東京で宿泊するより、熱海で新幹線に乗っていざ出陣と東京へ向かった方が便利だからです。そういうことをJOCとか体協、組織委員会と一緒になって将来どうするかの話し合いをする時期に来ている。
将来へ向けて仕掛けをするには、この地域の代表が官邸と直接結ばれている。あるいは組織委員長の森喜朗に直接電話できる、あるいは誰かに頼める。そういったことが重要になる。熱海の将来を考えた場合、藤曲さんに頼めば官邸の菅義偉官房長官に電話していただける、勝俣さんに頼めば総理に電話していただける、というホットラインの構築が大事になる。

いまはわりと官邸主導でいろんな経済政策をやろうと仕掛けをやっています。首相の下にいるのが地方創生担当の石破茂大臣です。熱海はこういうことができますよ、と将来構想を伝えたり、こういう規制緩和をお願いしたい、と石破さんや官房長官に直接電話できる太いパイプを作っていくことが大事。そのためには藤曲さんをしっかりと県政に送っていただき、藤曲-勝俣さんのラインで足並みを揃え、中央に直接話ができる政治状況をつくっていくことが大切です」

3人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  2. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市街でブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを彩っている。…
  3. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
  4. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
ページ上部へ戻る