【編集室】カルガモのつがいが熱海梅園に帰還

熱海梅園の澤田政廣記念美術館へ渡る梅園橋(うめぞのばし)下の清流に6日、カルガモがつがいで帰ってきた。熱海市公園緑地室によれば、3年前から飛来するようになったそうで、昨年より2週間ほど遅い。

昨年と同じカップルか、兄妹なのかも含め、現在“2鳥の関係”を調査中。昨年は飛来した母カルガモが6月に産卵し、9羽の子カルガモが誕生した。7月初めには香林池をベースに韓国庭園や中山新平記念館などに「集団歩行」するほほ笑ましい姿が人気を呼び、市は「カルガモ優先道路」を設けるなどして保護した。

しかし、自由奔放な母子は涼を求めて熱海梅園を流れる初川から川下りし、熱海芸妓見番付近にに移動。7月10日の大型台風8号の接近で市の職員らが捕獲し、熱海梅園に緊急避難させる騒動を引き起こし、話題になった。今年もカルガモ狂想曲が期待できそうだ。(本紙梅園取材班)

DSC_4929ss

今年のカルガモのカップル

 

集団行動9hki

昨年のカルガモ母子

かも2014両親

昨年のカルガモ夫婦

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-24

    【観光】熱海の夜空に「どどーん」と5千発、夏季海上花火大会シリーズ開幕  

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第1弾が7月23日、熱海湾であった。午後8…
  2. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  3. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞に425人

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン…
  4. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
ページ上部へ戻る