【編集室】逃げるバイエンモミジをヒマラヤザクラが急襲、間隙を突いてウメノイチリンザキ

熱海市内の「ヒマラヤザクラ」が続々開花しています。19日の渚親水公園駐車場に続いて、25日は熱海高校下の原木群が開花、熱海市の公園緑地室によれば見ごろは12月初めとか。主戦場の糸川のヒマラヤザクラも時間待ちの状態。

一方、熱海梅園ではもみじたちが日ごとに赤みを増し、一足先に見ごろを迎えています。気の早い梅もヒマラヤザクラに刺激されてか慌てて咲き出すなど、熱海の自然は秋と春の同居ムード、ほんと、大変なことになっている。

これを競馬の実況風に表現すれば、逃げるバイエンモミジをヒマラヤザクラが外から急襲、おっと、間隙を突いて内からウメノイチリンザキ…てな感じでしょうか。

原木

開花した熱海高下のヒマラヤザクラの原木

梅園見ごろ

見ごろを迎えた熱海梅園のもみじ

気の早い梅

ちょっとばかり気の早い梅園の梅

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る