【教育】多賀中と小嵐中の講師が免許を持たない授業を担当 県教育委員会の調査で判明

静岡県内の5つの公立中学校で臨時講師に免許を持たない授業を担当させていたことが県教育委員会の調査で分かった。
問題があったのは熱海市の多賀中学校と小嵐中学校、伊東市の門野中学校、富士市の富士川第一中学校、藤枝市の青島中学校の5つの公立中学校。県教育委員会によると、これらの5つの中学校は臨時講師は免許を持っている科目の授業しか認められていないにもかかわらず、音楽の臨時講師が国語を教えるなど、それぞれ1人の臨時講師に免許を持たない授業を担当させていたという。

NHK静岡放送局が10日夜のニュースで報じた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-8

    東海バスの熱海路線、3月16日から「Suica」「PASMO」乗降OK 

    熱海市内で路線バスを運行する東海バスは、3月16日からSuica(スイカ) 、PASMO(パスモ)…
  2. 2021-3-8

    コロナ禍の熱海梅園「梅まつり」閉幕 首都圏の新規感染者減少で人出増える

    1月9日から熱海梅園で開催されていた「第77回梅まつり」が3月7日閉幕した。9割近くの梅が見ごろ過…
  3. 2021-3-5

    伊豆山神社の神輿渡御、石段下り今年も中止 コロナ禍で2年連続、神事のみ

    熱海市の伊豆山神社例大祭で4月15日に予定されていた御輿渡御と石段下りが昨年に続き、中止されること…
  4. 2021-3-5

    【お悔やみ】東常隆さん(熱海市小嵐町)3月2日死去

    東常隆さん(あずま・つねたか)3月2日死去、82歳。熱海市小嵐町13の7。通夜6日午後6時。告別式…
ページ上部へ戻る