【教育】多賀中と小嵐中の講師が免許を持たない授業を担当 県教育委員会の調査で判明

静岡県内の5つの公立中学校で臨時講師に免許を持たない授業を担当させていたことが県教育委員会の調査で分かった。
問題があったのは熱海市の多賀中学校と小嵐中学校、伊東市の門野中学校、富士市の富士川第一中学校、藤枝市の青島中学校の5つの公立中学校。県教育委員会によると、これらの5つの中学校は臨時講師は免許を持っている科目の授業しか認められていないにもかかわらず、音楽の臨時講師が国語を教えるなど、それぞれ1人の臨時講師に免許を持たない授業を担当させていたという。

NHK静岡放送局が10日夜のニュースで報じた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-12

    晩秋の風物詩 熱海梅園に紅葉のじゅうたん、地面がオレンジや黄に染まる

    もみじまつりが閉幕した熱海梅園では、紅葉が最終章に入り、オレンジ色のモミジや黄のイチ…
  2. 2019-12-12

    熱海市、台風被害支援「宿泊クーポン」発行取りやめ 再検討で効果に疑問

    熱海市は12月12日、台風19号で断水などの被害を受けた市内ホテル旅館の誘客促進に発行するとしていた…
  3. 2019-12-12

    俳優・梅宮辰夫さん死去 81歳 長年にわたり、熱海のイベントに協力

    俳優の梅宮辰夫さんが12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で慢性じん不全のため亡くなった。真…
  4. 2019-12-11

    マリーズキッチンで「眺めの良いコンサート」 熱海にトランペットの音響く

    冬の熱海海上花火大会に合わせて12月8日、熱海市紅葉ヶ丘町の「マリーズキッチン&ライブスタ…
ページ上部へ戻る