【社会】熱海保健所にも購入届け出が1件2人 アクリ社の冷凍食品農薬混入問題

マルハニチロホールディングスの子会社アクリフーズの群馬工場で製造された冷凍食品から農薬のマラチオンが検出された問題で、静岡県は7日、県内の保健所には問題の冷凍食品を購入したなどの届け出がこれまでに20件あり、熱海保健所管内でも1件2人の届け出があったと公表した。

健康被害が疑われる冷凍食品はミックスピザ3枚入り、とろ~りコーンクリームコロッケ、パイシート、照り焼きソースの鶏マヨ!、チーズがのびる!グラタンンコロ!、えびとペンネのグラタン。

静岡県生活衛生局では、アクリフーズの群馬工場で製造された冷凍食品を所有している人は、食べずに製造元に返品するよう、呼びかけている。

PN2014010701001030.-.-.CI0003

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

ページ上部へ戻る