【話題】熱海沖の定置網にノコギリザメの珍客 捕獲して淡島水族館で元気に遊泳中

1月15日に熱海沖の定置網にかかったノコギリザメ(全長1m雌)が、淡島水族館(沼津市)の2階展示室で公開されている。

ノコギリザメの搬入は初めてだった同水族館は、検疫と治療を十分に施し、タカアシガニの水槽で環境にならしてから展示した。

 鼻先のノコギリ状の部分で小魚やエビなどを攻撃して捕食するユニークなこのサメは、北海道から九州までの深海200〜300m付近に生息。

今の時期は浅瀬までやってくるというが、熱海沖で捕獲されるのは極めて珍しく、同水族館では「海面と深海の水温が同程度くらいになったので、上がってきたのでは」とみている。

ご覧のように実にリリしくてカッコいい。

「海底遺産」を残す熱海沖にはぴったりのツワモノです。

(編集主幹・松本洋二)

nokogirizame

淡島水族館に展示された熱海沖のノコギリザメ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ代表のムハマド・イサ選手 競泳男子100メートル、予選1組2位

    熱海市のホストタウン相手国ブルネイ代表のムハマド・イサ選手(23)が7月24日の競泳男子100メー…
  2. 2021-7-24

    熱海土石流 新たに2人の遺体発見、死者21人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で2人の遺体を発見し…
  3. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  4. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
ページ上部へ戻る