【社会】50年の歴史に幕、熱海後楽園「ゆうえんちアピオ」

伊豆の遊園地の先駆者として50年に渡り愛され続けた熱海後楽園ホテル敷地内の「ゆうえんちアピオ」(熱海後楽園ゆうえんち)が12日、営業を終了した。10日から3日間は園内の乗り物が無料で開放され、市内外から訪れた別れを惜しむ人たちでにぎわった。バイキング、スカイサイクル、スカイシップ、リトルティーカップなどが子供たちに人気だったが、老朽化に伴う安全性確保などから、運営するアタミロープウェイが新たな総合レジャー施設事業を目指し営業終了を決めた。

同遊園地は1965年の熱海後楽園ホテルの開業とともに開園。この間、熱海のシンボル的存在だった観覧車(1994年に終了)をはじめ、通算500万人に親しまれた。なお園に隣接するプールは引き続き営業する。

 

mlaj0ynq

1994年まであった観覧車

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る