【社寺】カウントダウンで新年の幕開け 未明から初詣客で大にぎわい 来宮神社 

熱海市の各神社では、大晦日から新年にかけ、大勢の初詣客でにぎわった。

55年ぶりに本殿・拝殿を塗り替え、参集殿を建て替えた来宮神社(雨宮盛克宮司)には、年明け前から市民や観光客らが続々詰めかけ、家内安全や商売繁盛、景気回復などを祈念した。

午後11時からの古神札焼納祭・祓式大を終えると、神殿前で雨宮宮司、神社役員らがたる酒を鏡開きし、参拝客らに振る舞った。

午前零時が近づくと、さい銭箱の前に集まった参拝客がカウントダウン、一斉にさい銭が投げ込まれ、手を合わせての祈願が始まった。

同神社では正月三が日の参拝者を7万人と見込んでいる。

 

大祓式

宮司と市長 (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る