【社寺】カウントダウンで新年の幕開け 未明から初詣客で大にぎわい 来宮神社 

熱海市の各神社では、大晦日から新年にかけ、大勢の初詣客でにぎわった。

55年ぶりに本殿・拝殿を塗り替え、参集殿を建て替えた来宮神社(雨宮盛克宮司)には、年明け前から市民や観光客らが続々詰めかけ、家内安全や商売繁盛、景気回復などを祈念した。

午後11時からの古神札焼納祭・祓式大を終えると、神殿前で雨宮宮司、神社役員らがたる酒を鏡開きし、参拝客らに振る舞った。

午前零時が近づくと、さい銭箱の前に集まった参拝客がカウントダウン、一斉にさい銭が投げ込まれ、手を合わせての祈願が始まった。

同神社では正月三が日の参拝者を7万人と見込んでいる。

 

大祓式

宮司と市長 (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る