【社寺】新婚夫婦の前途を祝福 下多賀神社で伝統の「水浴びせ式」

熱海市下多賀の下多賀神社(雨宮盛克宮司)で2日、国の選択無形民俗文化財に指定される「水浴びせ式」があった。鹿島水浴びせ保存会(高橋治正会長)の会員と、多賀中学校の生徒らが唄と踊りを披露し、昨年結婚した花婿に笹水を振り掛け、新婚夫婦の門出を祝った。斎藤栄市長夫妻もお祝いに駆け付けた。

古くから下多賀地区で伝承される儀式で、前年に結婚した若者が円満な家庭を築くように祈願するもの。毎年1月2日の新年祈願祭に続き行っている。

水浴びせ式3

 

水浴びせ式

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  2. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  3. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
  4. 2018-12-13

    “山田治雄”健康松花堂弁当、公開講座が満員 「釜つる」料理長 内山栄二さん

    静岡県の「健康長寿・食と健康」公開講座がこのほど、熱海市役所いきいきプラザで開かれ、ふじのく…
ページ上部へ戻る