【社寺】新婚夫婦の前途を祝福 下多賀神社で伝統の「水浴びせ式」

熱海市下多賀の下多賀神社(雨宮盛克宮司)で2日、国の選択無形民俗文化財に指定される「水浴びせ式」があった。鹿島水浴びせ保存会(高橋治正会長)の会員と、多賀中学校の生徒らが唄と踊りを披露し、昨年結婚した花婿に笹水を振り掛け、新婚夫婦の門出を祝った。斎藤栄市長夫妻もお祝いに駆け付けた。

古くから下多賀地区で伝承される儀式で、前年に結婚した若者が円満な家庭を築くように祈願するもの。毎年1月2日の新年祈願祭に続き行っている。

水浴びせ式3

 

水浴びせ式

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-8

    東海バスの熱海路線、3月16日から「Suica」「PASMO」乗降OK 

    熱海市内で路線バスを運行する東海バスは、3月16日からSuica(スイカ) 、PASMO(パスモ)…
  2. 2021-3-8

    コロナ禍の熱海梅園「梅まつり」閉幕 首都圏の新規感染者減少で人出増える

    1月9日から熱海梅園で開催されていた「第77回梅まつり」が3月7日閉幕した。9割近くの梅が見ごろ過…
  3. 2021-3-5

    伊豆山神社の神輿渡御、石段下り今年も中止 コロナ禍で2年連続、神事のみ

    熱海市の伊豆山神社例大祭で4月15日に予定されていた御輿渡御と石段下りが昨年に続き、中止されること…
  4. 2021-3-5

    【お悔やみ】東常隆さん(熱海市小嵐町)3月2日死去

    東常隆さん(あずま・つねたか)3月2日死去、82歳。熱海市小嵐町13の7。通夜6日午後6時。告別式…
ページ上部へ戻る