【社寺】新婚夫婦の前途を祝福 下多賀神社で伝統の「水浴びせ式」

熱海市下多賀の下多賀神社(雨宮盛克宮司)で2日、国の選択無形民俗文化財に指定される「水浴びせ式」があった。鹿島水浴びせ保存会(高橋治正会長)の会員と、多賀中学校の生徒らが唄と踊りを披露し、昨年結婚した花婿に笹水を振り掛け、新婚夫婦の門出を祝った。斎藤栄市長夫妻もお祝いに駆け付けた。

古くから下多賀地区で伝承される儀式で、前年に結婚した若者が円満な家庭を築くように祈願するもの。毎年1月2日の新年祈願祭に続き行っている。

水浴びせ式3

 

水浴びせ式

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る