【経済】ふれあい産業まつりが中止 5月GWの熱海中心部はビッグイベント不在に

11回に渡り、ゴールデウィーク期間中に渚親水公園で開催されてきた「ふれあい産業まつり」の開催中止が決まった。

主催者の熱海商工会議所(内田進会頭)が29日明らかにしたもので、「地場産品の掘り起こしという当初の目的に一定の成果があったことと、見直しの時期が来た」のが中止の理由。3月の理事会で正式決定する。

同まつりの代替イベントとして、熱海市観光協会が運営主体となる新しい催しが検討されているという。

(編集主幹・松本洋二)

 

◇太田最己事務局長の話

「限られた予算を有効に使うため、今後はネット社会に合わせた形の情報発信を検討している。(産業まつりの)準備の都合上、早めに中止を決めた」

 

◇市街での5月GWイベント 昨年の「ふれあい産業まつり」(5月3、4日)は天候に恵まれ、3万9000人の人出。06年~08年はNPO法人主催の「熱海阿波おどり」や海上花火大会も同時期にあり、数万人が訪れた。ともに消滅したことで現時点での市街でのイベントは不在。

◇ほかはてんこ盛り 5月のGW期間中、初島では「ところてんまつり」、伊豆山では「伊勢海老磯まつり」、網代でも「かっちゃくれ浜市」などが予定されており、熱海の中心部以外は盛りだくさん。

 

sanngyousai

 

ふれあい産業まつり

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る