【経済】最盛期の15、16日で7000人 2週連大雪で痛手を受けた今日(18日)の熱海梅園

 

2週連続となった週末の大雪の影響で東名、新東名高速道が通行止め。首都圏の観光客の足が奪われ、梅や桜まつりなど伊豆の観光は痛手を受けた。

熱海梅園も昨年1日最高で9000人が訪れたが、15、16日の2日間で計約7000人。もっとも梅がきれいな時期だけに熱海市観光協会も悔しさを隠せない。

18日の熱海梅園は例年より9度低い7度。園内の足湯が人気を博していた。

(編集主幹・松本洋二)

 

 

 

 

IMG_3422ssp

 

 

DSC_4391ss

 

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-11

    過去最高の人出、もみじまつりに5万7114人 /熱海梅園

    熱海市観光協会は「熱海梅園もみじまつり」(11月17日~12月9日)の人出をまとめ、発表した…
  2. 2018-12-11

    【お悔やみ】永屋生吾さん(熱海市銀座町)12月8日死去 一番軒店主

    永屋生吾さん(ながや・せいご)12月8日死去、72歳。熱海市銀座町。「一番軒」店主。通夜11日午後6…
  3. 2018-12-11

    【お悔やみ】神戸恒男さん(熱海市上宿町)12月9日死去

    神戸恒男さん(かんべ・つねお)12月9日死去、87歳。熱海市上宿町。通夜12日午後6時。告別式13日…
  4. 2018-12-10

    花火の夜、熱海にトランペットの音響く マリーズキッチンで音楽ライブ

    冬の熱海海上花火大会に合わせて12月9日、熱海市紅葉ヶ丘町の「マリーズキッチン&ライブスタジ…
ページ上部へ戻る