【経済】最盛期の15、16日で7000人 2週連大雪で痛手を受けた今日(18日)の熱海梅園

 

2週連続となった週末の大雪の影響で東名、新東名高速道が通行止め。首都圏の観光客の足が奪われ、梅や桜まつりなど伊豆の観光は痛手を受けた。

熱海梅園も昨年1日最高で9000人が訪れたが、15、16日の2日間で計約7000人。もっとも梅がきれいな時期だけに熱海市観光協会も悔しさを隠せない。

18日の熱海梅園は例年より9度低い7度。園内の足湯が人気を博していた。

(編集主幹・松本洋二)

 

 

 

 

IMG_3422ssp

 

 

DSC_4391ss

 

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る