【経済】最盛期の15、16日で7000人 2週連大雪で痛手を受けた今日(18日)の熱海梅園

 

2週連続となった週末の大雪の影響で東名、新東名高速道が通行止め。首都圏の観光客の足が奪われ、梅や桜まつりなど伊豆の観光は痛手を受けた。

熱海梅園も昨年1日最高で9000人が訪れたが、15、16日の2日間で計約7000人。もっとも梅がきれいな時期だけに熱海市観光協会も悔しさを隠せない。

18日の熱海梅園は例年より9度低い7度。園内の足湯が人気を博していた。

(編集主幹・松本洋二)

 

 

 

 

IMG_3422ssp

 

 

DSC_4391ss

 

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  2. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市街でブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを彩っている。…
  3. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
  4. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
ページ上部へ戻る