【経済】沼津⇔熱海のアクセス向上 東駿河湾環状道「三島塚原-函南塚本」IC開通 

 

国土交通省が建設を進める東駿河湾環状道路のうち、三島塚原―函南塚本両インターチェンジ(IC)間6・8キロが11日、開通した。すでに整備された区間と合わせ、東名、新東名の両高速道路と伊豆市の修善寺付近まで約33キロが一本に結ばれ、所要時間は従来より14分短い30分に短縮される。

大場・函南ICを経由して熱海への交通アクセスも向上、沼津方面と熱海の移動時間が縮まった。

 

函南町内であった開通式典には川勝平太知事をはじめ、渡辺周、細野豪志、勝俣孝明衆院議員など地元選出国会議員、斉藤栄熱海市長、橋本一実県議など地元首長や県議、道路関係者ら550人が出席。川勝知事は「1カ月半も前倒しで開通となり、伊豆の観光振興に大きな意義がある。伊豆の新しい夜明けだ」と祝辞を述べた。

 

式典後、関係者は道路上に移動。テープカットや沿線市町をPRする車によるパレードなどを行い、開通を祝った。

(熱海ネット新聞)

 

◇東駿河湾環状道路 沼津市から伊豆半島南端までを結ぶ計画の伊豆縦貫自動車道の一部を構成する自動車専用道路。沼津市から三島市街地の外側を通り、函南町で伊豆中央道とつながる。2009年7月に沼津岡宮―三島塚原両IC間が開通。今回、未開通区間だった三島塚原―函南塚本両IC間が開通した。

◇沼津IC→熱海 沼津ICから熱函道路(ねっかんどうろ=函南町)まで15分、そこから熱海中心部まで25分、約40分で到着。

 

開通式

 

 

大場南ic

 

 

熱海市くるま

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る