【経済】津波懸念で沿岸部が下落 商業地トップは今年も銀座町357ー5 地価公示 

 

 

国土交通省が18日発表した今年1月1日現在の地価公示によると、静岡県は住宅地、商業地、工業地の3用途で6年連続の前年比マイナスとなった。津波への懸念が続き、沿岸での下落と内陸の上昇という傾向が続いている。

県内の調査対象は、32市町の626地点。平均変動率は住宅地がマイナス1・1%(前年比0・4ポイント改善)、商業地がマイナス1・0%(同0・6ポイント改善)。
熱海市の商業地では銀座町357番5、住宅では春日町83番26がトップ(前年比0.0ポイント)。商業地の平均価格で熱海市は12万2000円の7位だった。

 

(熱海ネット新聞)

 

マルシェ

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-21

    1月22日から国宝「紅白梅図屏風」展 土日は熱海梅園との無料シャトルバス

    熱海市のMOA美術館で1月22日から3月9日まで名品展国宝 「紅白梅図屏風(びょうぶ)」展が開催さ…
  2. 2021-1-21

    曽我大橋の橋下付近で遺体発見 死後2カ月、性別、年齢は不明

    1月20日午前10時5分ごろ、熱海市熱海の曽我大橋の橋下付近で工事関係者が遺体を発見し、110番通…
  3. 2021-1-21

    糸川遊歩道のあたみ桜、1・36分咲きに 見頃が1本、5分咲きが3本

    熱海市は1月19日、糸川遊歩道と熱海梅園前市道のあたみ桜の開花状況(18日現在)を発表した。「あた…
  4. 2021-1-20

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢者と高齢でない成人/1月20日

    静岡県は1月20日、熱海市に住む高齢者と高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表し…
ページ上部へ戻る