【経済】熱海銀座通りがまとめてイメチェン  街路灯を全灯LEDに交換 

 

 

 

熱海銀座商店街振興組合(佐藤秀幸理事長)が13日から行っていた熱海銀座通りの街路灯の発光ダイオード(LED)化工事が完了、134本の街路灯をすべてLEDに交換した。

1994年3月のアーケード新設以来、蛍光灯で通りを照らしてきたが、老朽化してきたため、県と市の補助金を活用して再整備した。

総事業費は566万円で組合と県、市が3分の1ずつ負担。

 

LED化に伴い、年間の電気代は半額程度に減少する。

同組合では、環境に優しい商店街をアピールするとともに深夜零時ごろまで全開で明るくし、夜の銀座の明るさを取り戻す、という。

 

熱海市の商店街で県と市の補助を受けて街路灯のLED化に取り組んだのは2010年度の和田浜通り商店街に続いて2例目。

 

銀座ライト

 

【写真】今井写真館・今井真一さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ代表のムハマド・イサ選手 競泳男子100メートル、予選1組2位

    熱海市のホストタウン相手国ブルネイ代表のムハマド・イサ選手(23)が7月24日の競泳男子100メー…
  2. 2021-7-24

    熱海土石流 新たに2人の遺体発見、死者21人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で2人の遺体を発見し…
  3. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  4. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
ページ上部へ戻る