【経済】熱海銀座通りがまとめてイメチェン  街路灯を全灯LEDに交換 

 

 

 

熱海銀座商店街振興組合(佐藤秀幸理事長)が13日から行っていた熱海銀座通りの街路灯の発光ダイオード(LED)化工事が完了、134本の街路灯をすべてLEDに交換した。

1994年3月のアーケード新設以来、蛍光灯で通りを照らしてきたが、老朽化してきたため、県と市の補助金を活用して再整備した。

総事業費は566万円で組合と県、市が3分の1ずつ負担。

 

LED化に伴い、年間の電気代は半額程度に減少する。

同組合では、環境に優しい商店街をアピールするとともに深夜零時ごろまで全開で明るくし、夜の銀座の明るさを取り戻す、という。

 

熱海市の商店街で県と市の補助を受けて街路灯のLED化に取り組んだのは2010年度の和田浜通り商店街に続いて2例目。

 

銀座ライト

 

【写真】今井写真館・今井真一さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-28

    【お悔やみ】阿部信夫さん(熱海市東海岸町)1月26日死去

    阿部信夫さん(あべ・のぶお)1月26日死去、71歳。阿部商店。熱海市東海岸町7の15。通夜29日午後…
  2. 2022-1-28

    【お悔やみ】山田うた子さん(熱海市和田町)1月26日死去

    山田うた子さん(やまだ・うたこ)1月26日死去、91歳。熱海市和田町12の5。出棺31日午前11時、…
  3. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  4. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
ページ上部へ戻る