【経済】熱海銀座通りがまとめてイメチェン  街路灯を全灯LEDに交換 

 

 

 

熱海銀座商店街振興組合(佐藤秀幸理事長)が13日から行っていた熱海銀座通りの街路灯の発光ダイオード(LED)化工事が完了、134本の街路灯をすべてLEDに交換した。

1994年3月のアーケード新設以来、蛍光灯で通りを照らしてきたが、老朽化してきたため、県と市の補助金を活用して再整備した。

総事業費は566万円で組合と県、市が3分の1ずつ負担。

 

LED化に伴い、年間の電気代は半額程度に減少する。

同組合では、環境に優しい商店街をアピールするとともに深夜零時ごろまで全開で明るくし、夜の銀座の明るさを取り戻す、という。

 

熱海市の商店街で県と市の補助を受けて街路灯のLED化に取り組んだのは2010年度の和田浜通り商店街に続いて2例目。

 

銀座ライト

 

【写真】今井写真館・今井真一さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-21

    1月22日から国宝「紅白梅図屏風」展 土日は熱海梅園との無料シャトルバス

    熱海市のMOA美術館で1月22日から3月9日まで名品展国宝 「紅白梅図屏風(びょうぶ)」展が開催さ…
  2. 2021-1-21

    曽我大橋の橋下付近で遺体発見 死後2カ月、性別、年齢は不明

    1月20日午前10時5分ごろ、熱海市熱海の曽我大橋の橋下付近で工事関係者が遺体を発見し、110番通…
  3. 2021-1-21

    糸川遊歩道のあたみ桜、1・36分咲きに 見頃が1本、5分咲きが3本

    熱海市は1月19日、糸川遊歩道と熱海梅園前市道のあたみ桜の開花状況(18日現在)を発表した。「あた…
  4. 2021-1-20

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢者と高齢でない成人/1月20日

    静岡県は1月20日、熱海市に住む高齢者と高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表し…
ページ上部へ戻る