【経済】2013年の熱海海上花火大会の総人出は27万3000人

熱海温泉ホテル旅館協同組合(目黒俊男理事長)は、2013年1年間の熱海海上花火大会の人出の合計を27万3000人と発表した。

計13回あった2013年の熱海湾での海上花火大会は同組合主催が5回、熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催が6回、熱海市観光協会主催が2回主催した。

2014年の海上花火大会は春が3月30日と4月12日、夏が7月21、26日と8月5、8、17、20、29日、秋が9月15日、冬が12月7、14、23日に開催する。このほか初島、泉、伊豆山、多賀、網代でも花火大会が開かれる。

熱海反対から花火

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-11-20

    次は富裕層のスーパーヨット誘致、熱海港を差別化/藤曲県議が県政報告

    11月20日の県政報告会の中で、藤曲敬宏県議はこの3年半余りを振り返り、「政治を実現するには、いかに…
  2. 2018-11-20

    ゲストに橋本聖子参院議員会長、藤曲県議の県政報告会に450人

    熱海市選出の藤曲敬宏県議会議員=自民=の県政報告会が11月20日夜、熱海市のホテル大野屋瑞雲…
  3. 2018-11-20

    渡邉彩香、6年ぶりにシード喪失 今季国内女子ツアー55位確定

    国内女子ゴルフの「大王製紙エリエールレディスオープン」が11月8日までの4日間、 愛媛県のエリエール…
  4. 2018-11-20

    2019年度厄年奉賛会、名称は「伊豆山巳午友志童會」/伊豆山神社

    伊豆山神社の2019年度厄年奉賛会の設立総会がこのほど、同神社社務所で開かれ、厄年奉仕者や原嘉孝宮司…
ページ上部へ戻る