【経済】2013年の熱海海上花火大会の総人出は27万3000人

熱海温泉ホテル旅館協同組合(目黒俊男理事長)は、2013年1年間の熱海海上花火大会の人出の合計を27万3000人と発表した。

計13回あった2013年の熱海湾での海上花火大会は同組合主催が5回、熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催が6回、熱海市観光協会主催が2回主催した。

2014年の海上花火大会は春が3月30日と4月12日、夏が7月21、26日と8月5、8、17、20、29日、秋が9月15日、冬が12月7、14、23日に開催する。このほか初島、泉、伊豆山、多賀、網代でも花火大会が開かれる。

熱海反対から花火

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    ウォーターパークが連日満員 お盆休みで混雑/ 熱海サンビーチ

    お盆休みの8月15日、熱海サンビーチは海水浴を楽しむ家族連れやグループで賑わった。大型海…
  2. 2018-8-15

    お供え物を川に流さないで 送り火専用のゴミ箱を設置/熱海市

    あす8月16日は送り火。お盆は家に迎え入れた先祖の好きな食べ物やお供え物を、盆棚(精霊棚)に…
  3. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュ、バブル期以来の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  4. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
ページ上部へ戻る