【経済】JR川崎駅で春夏誘客キャンペーン 網代温泉観光観光協会

 

網代温泉観光協会は19日、川口健会長をはじめ協会関係者20人がJR川崎駅構内で春から夏に向けた誘客キャンペーンを実施した。

市外でのキャンペーンでは網代名物の干物を焼いて振る舞うが、今回は人出の多い駅の構内とあって手法を変更。同協会に加盟するホテル旅館、飲食店、土産物店など約80店で利用できる500円のクーポン券と「日本の名湯 熱海」の入浴剤を配り、網代温泉をPRした。

(熱海ネット新聞)

 

あじろ

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る