【経済】JR川崎駅で春夏誘客キャンペーン 網代温泉観光観光協会

 

網代温泉観光協会は19日、川口健会長をはじめ協会関係者20人がJR川崎駅構内で春から夏に向けた誘客キャンペーンを実施した。

市外でのキャンペーンでは網代名物の干物を焼いて振る舞うが、今回は人出の多い駅の構内とあって手法を変更。同協会に加盟するホテル旅館、飲食店、土産物店など約80店で利用できる500円のクーポン券と「日本の名湯 熱海」の入浴剤を配り、網代温泉をPRした。

(熱海ネット新聞)

 

あじろ

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る