【花】絶滅危機のクマガイソウが次々開花 植物研究園で一般公開

熱海市相の原町の新技術開発財団・植物研究園(加藤真哉園長)は科学技術週間(14〜20日)期間中、施設を一般公開している。
園内では貴重なクマガイソウの群生が開花し始めている。クマガイソウはラン科の多年草で、花の袋状の唇弁を平家物語に登場する熊谷次郎直実の母衣(ほろ=矢を防ぐ武具)に見立てて名付けられた。山野草ブームで自生のものは激減し、環境庁は絶滅危惧2類(絶滅の危機が増大している種)に指定されている。
シダレモモやミツバツツジも見ごろを迎え、春から初夏にかけて紅葉するノムラカエデも間もなく真っ赤に色づく。
(熱海ネット新聞)

 

DSC_7974ssp

植物研究園

 

◇新技術開発財団・植物研究園 リコー三愛グループ創始者の故市村清さんの別荘「清恵荘」を改修して1991年に開園。樹木やせせらぎを自然のままに生かし池や梅林などが巧みに配された約1万2000平方メートルの園内には、300種以上の樹木・草花が植えられている。
◇一般公開
20日まで。午前9時〜午後4時。入場は無料。JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。
問い合わせは同園〈電0557(81)2656〉。

 

 

 

 

DSC_7982ssp

シダレモモ

DSC_7978ssp

ミツバツツジ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る