【花】絶滅危機のクマガイソウが次々開花 植物研究園で一般公開

熱海市相の原町の新技術開発財団・植物研究園(加藤真哉園長)は科学技術週間(14〜20日)期間中、施設を一般公開している。
園内では貴重なクマガイソウの群生が開花し始めている。クマガイソウはラン科の多年草で、花の袋状の唇弁を平家物語に登場する熊谷次郎直実の母衣(ほろ=矢を防ぐ武具)に見立てて名付けられた。山野草ブームで自生のものは激減し、環境庁は絶滅危惧2類(絶滅の危機が増大している種)に指定されている。
シダレモモやミツバツツジも見ごろを迎え、春から初夏にかけて紅葉するノムラカエデも間もなく真っ赤に色づく。
(熱海ネット新聞)

 

DSC_7974ssp

植物研究園

 

◇新技術開発財団・植物研究園 リコー三愛グループ創始者の故市村清さんの別荘「清恵荘」を改修して1991年に開園。樹木やせせらぎを自然のままに生かし池や梅林などが巧みに配された約1万2000平方メートルの園内には、300種以上の樹木・草花が植えられている。
◇一般公開
20日まで。午前9時〜午後4時。入場は無料。JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。
問い合わせは同園〈電0557(81)2656〉。

 

 

 

 

DSC_7982ssp

シダレモモ

DSC_7978ssp

ミツバツツジ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  2. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  3. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
  4. 2020-2-25

    熱海温泉のホテル旅館が「感謝デー」クイズ大会に多勢の観梅客

    梅まつり開催中の熱海梅園で2月24日、熱海温泉ホテル旅館協同組合(島田善一理事長)が「感謝デー」を…
ページ上部へ戻る