【芸妓】「熱海をどり」が近づき、「湯めまちをどり華の舞」が満員盛況

熱海芸妓(げいぎ)が1年の修練の成果を披露する「第25回熱海をどり」(28日、29日)が近づき、毎週土曜、日曜に熱海芸妓見番歌舞練所で開かれる「湯めまちをどり華の舞」の来場者が増えている。

6日の公演もご覧のように満席。外国人の来場者も増え、普段は見ることのできない生の芸妓衆の踊り、 地方(三味線等の演奏)・立ち方(踊り)の息の合った公演に拍手が続いた。

(熱海ネット新聞)

 

◇4月の「華の舞」演目

元禄花見踊り 波の上 酒と女 春雨 長崎ぶらぶら節 のんのこ節 有明 義太夫くづし 三下がり

 

客ピントOK

 

そで

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る