【イベント】東海大の海洋調査研修船「望星丸」、熱海初入港&一般公開

東海大学の海洋調査研修船「望星丸」(荒木直行船長、2174㌧)の一般公開が19日、熱海港のナナハン岸壁で行われ、多くの市民や観光客が船内見学を満喫した。
同船は学生の研修設備と旅客機能を併せ持つ日本で唯一の多目的船。今回は同大海洋学部(清水市)の海洋実習で今月2日に清水港を出港。留萌(北海道)で臨海実習した後、大船渡市(岩手)を経て、この日学生や乗組員ら52人が熱海に初入港した。清水に戻る航行時期がマリンフェスタ・アタミと重なったことから、同大海洋部OBの佐野茂樹青木建設社長が熱海入港を働きかけ、一般公開が決まった。
午前10時開始と同時に市民が続々来場。操舵(そうだ)室やエンジンルーム、研究室を公開したほか、調査機器の展示やカップ麺の容器を使った水圧実験など、さまざまなプログラムで海洋調査船の世界を紹介した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青木建設

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_2843ss2 実験1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実験2

後ろ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る