【編集室】熱海の隠れた名所、春に紅葉する「ノムラカエデ」

13日に始まった植物研究園の「春の一般公開」が最高の見ごろを迎え、東京、神奈川などから訪れた植物愛好家たちが楽しそうに園内を散策している。春に紅葉する珍しい樹木「ノムラカエデ(野村楓)」が鮮やかに色づき、来園者たちは写真に収めたり、その場で家族や知人にメールするなどして、熱海の奥深さを全国に発信している。ノムラカエデは春に紅葉する珍しい樹木で同研究園には10本ほど植栽されている。

お隣の熱海梅園は「日本一遅い紅葉を」うたい文句にしているが、こちらは「日本一早い紅葉」。セットで売りださないところに、プライドが透けて見える。

 

◇植物研究園 リコー三愛グループ創始者の故市村清・ユキエ夫妻の別荘「清恵荘」を改修して平成3年に開園。現在は大学などの研究拠点のため非公開。樹木やせせらぎを自然のままに生かし池や梅林などが巧みに配された約1万2000平方メートルの園内には、400種以上の草花が植えられている。
◇アクセス JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。午前9時〜午後4時。入場は無料。問い合わせは同園〈電0557(81)2656〉春の一般公開は26日まで。

 

IMG_0806ss IMG_0793ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る