【観光】最盛期を迎え、熱海梅園に1万2871人

熱海梅園の梅まつりが最盛期を迎え、週末に1万2871人が訪れた。6日土曜が5782人、7日日曜は今シーズン最高の7089人。6日からは「梅と桜を両方楽しみたい」観光客のために無料シャトルバス(市営東駐車場=ローソン熱海サンビーチ店側ゲート⇔熱海梅園)の運行が始まり、あたみ桜糸川桜まつりが開催中の糸川遊歩道にもどっと観光客が押し寄せた。
隣接する沢田政広記念美術館では、オープンカフェの利用者に紅白梅の小枝セットを贈った。

トップ 1 3 4 6 IMG_5390ss2IMG_3171ssIMG_5357ss

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-24

    渚親水公園の大寒桜が満開 首都圏から熱海サンビーチに行楽客繰り出す

    春の日差しが続く熱海市の渚親水公園市営駐車場で、19本の大寒桜(おおかんざくら)が満開を迎…
  2. 2021-2-24

    「坂町の寺桜」が満開 熱海に春到来 2度の大火を生き抜いた幸運の桜

    熱海市のホテル貫一前(道路向かい)にある「坂町の寺桜」が満開となり、熱海に本格的な春の到来を感じさ…
  3. 2021-2-23

    21世紀枠の三島南は鳥取城北と初戦 選抜高校野球 組み合わせ決まる

    3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会(甲子園球場)の組み合わせ抽選会が2月23日、史上初め…
  4. 2021-2-23

    春うらら 梅園の梅、60種中59種が咲きそろう 来園者たちも春の装いに

    熱海市内は2月22日、高気圧に覆われた影響で晴れ間が広がり、最高気温21•1度を記録し、5…
ページ上部へ戻る