【スポーツ】圧巻、多賀湾に12帆 熱海高ヨット部OB現役が艦隊練習

熱海市の多賀湾で13日、今年度最終戦「熱海フリートレース」があった。名門復活へ熱海高ヨット部のOB会(小山精一会長)、現役が参加して月1回レース形式の実戦練習を行うもので、シーズン第12戦のこの日はFJ級、420級(2人乗り)、シーホッパー級(1人乗り)合わせて12艇が参戦。レース形式でセーリングの技術を伝授した。
県立熱海高校(岩田亨校長)のヨット部は、昭和26年に熱海らしいスポーツとして県内の高校で最初に発足。昭和39年の東京五輪では選手や役員を輩出した。しかし、黄金期は昭和45年ごろまでで、生徒数の減少などから一時は部員が2人まで減り、廃部の危機を迎えた。そこからOBたちが「名門の灯を消したくない」と立て直しを図り、近年はインターハイや国体に毎年選手を送り出している。
2020年五輪の東京開催が決まり、あらためて強化に着手。部員数も県内の高校では最大規模の14人(新3年5人、新2年9人)となり、OBの協力をもとに年間を通じてフリートレースを行い、強化を図っている。4月には新1年生も加わり、さらに大所帯になる。

トップ表彰式

◆年間総合成績(12戦トータル)
優勝 永沼俊貴・佐藤和也=1514艇
2位 近藤滋・加藤誠也
3位 鷲尾大吾・神戸孝一

スタート レース2はつしまふろんと セーリング 2人乗り 本部艇 集合

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
  2. 2020-9-18

    熱海市のコロナ感染者比率県内トップ 人口10万人に置き換えと106人

    杉山利勝市議 熱海市議会9月定例会の一般質問が9月17日始まり、各議員から新型コロナウイルス…
  3. 2020-9-17

    ホテル「ISHINOYA熱海」オープン 斜面型集合住宅「熱海パサニア」改修

    全国で貸し会議室や宿泊研修ホテルを手がけるティーケーピー(TKP、本社・東京都新宿区)は9…
  4. 2020-9-17

    【お悔やみ】渡辺悦男さん(熱海市桜町)9月16日死去 そば悦創業者

    渡辺悦男さん(わたなべ・えつお)9月16日死去、81歳。熱海市桜町。そば悦創業者。通夜18日午後6…
ページ上部へ戻る