【スポーツ】圧巻、多賀湾に12帆 熱海高ヨット部OB現役が艦隊練習

熱海市の多賀湾で13日、今年度最終戦「熱海フリートレース」があった。名門復活へ熱海高ヨット部のOB会(小山精一会長)、現役が参加して月1回レース形式の実戦練習を行うもので、シーズン第12戦のこの日はFJ級、420級(2人乗り)、シーホッパー級(1人乗り)合わせて12艇が参戦。レース形式でセーリングの技術を伝授した。
県立熱海高校(岩田亨校長)のヨット部は、昭和26年に熱海らしいスポーツとして県内の高校で最初に発足。昭和39年の東京五輪では選手や役員を輩出した。しかし、黄金期は昭和45年ごろまでで、生徒数の減少などから一時は部員が2人まで減り、廃部の危機を迎えた。そこからOBたちが「名門の灯を消したくない」と立て直しを図り、近年はインターハイや国体に毎年選手を送り出している。
2020年五輪の東京開催が決まり、あらためて強化に着手。部員数も県内の高校では最大規模の14人(新3年5人、新2年9人)となり、OBの協力をもとに年間を通じてフリートレースを行い、強化を図っている。4月には新1年生も加わり、さらに大所帯になる。

トップ表彰式

◆年間総合成績(12戦トータル)
優勝 永沼俊貴・佐藤和也=1514艇
2位 近藤滋・加藤誠也
3位 鷲尾大吾・神戸孝一

スタート レース2はつしまふろんと セーリング 2人乗り 本部艇 集合

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホールの計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  2. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
  3. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  4. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
ページ上部へ戻る