日本一早いお花見!「あたみ桜糸川桜まつり」スタート 「梅まつり」と同時開幕

熱海市の糸川遊歩道で1月11日、第10回「あたみ桜・糸川桜まつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。今年は「梅まつり」(熱海梅園)と同時開幕にしたため、例年より1週間早くスタート。沿道の57本のあたみ桜の内、38本は開花しているが、まだ全体的には1分咲きに満たない。しかし、例年、咲きだすと一気に咲き進むことから、間もなく見頃を迎える。

初日は午後1時半からドラゴン橋でオープニングセレモニーを行い、中島幹雄熱海市観光協会会長があいさつし、齊藤栄市長、竹部隆市議会議長、藤曲敬宏県議が祝辞を述べた。舞台では、オープニングを記念して熱海芸妓の美保さん、小夏さん、静さんがあたみ桜を背景に「越後獅子」「さくらさくら」「園の梅」「梅まつりの唄」「元禄花見踊り・三下がり甚句」の5演目を披露した。続いて地元の人気バンド・糸川ベンチャーズが「夜空の星」「パイプライン」などのベンチャーズナンバーを30分にわたって響かせた。

この日デビューしたミス熱海の5人(梅の女王・杉本和香奈、梅娘の小竹珠利亜、佐藤未菜、桜娘・伊藤あすか)が、熱海梅園から駆けつけて桜茶の無料サービスを行い、観光客らをもてなした。新柳橋には日本一早い花見を楽しめるように露店とテーブルが並び、桜見物客で賑わった。 期間中午後4時半〜11時までライトアップしている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る