【花情報】スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花


姫の沢公園で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水仙(スノーフレーク)」が咲きだした。例年は4月初旬に見頃を迎えるが、梅や桜同様に2週間以上早いペース。スズランのように30〜40センチの花茎に釣り鐘状の花を4〜8個下向きに咲かせ、花弁の先端には緑の斑点がある。園内のスイセン園に植えられている。スノーフレーク(小雪のかたまり)が学名だが、スズランスイセン(鈴蘭水仙)の名でも知られる。
入口正面のオオシマザクラの大木は3-4分咲き。一週間ほどで満開を迎える。





3月7日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る