【芸妓】湯めまちをどり「華の舞」を元日から5日まで連続公演 黒留め袖のお正月バージョン

熱海芸妓(げいぎ)が踊りを披露する「湯めまちをどり・華の舞」(毎週土・日曜に公演)が1月1〜3日の三が日にも開催する。土・日曜の4、5日を含めて年明け早々の5日間、連続で開演することになった。黒留め袖姿の芸妓衆はお正月ならではの光景。

新年の舞台は、正月色をちりばめた演目を用意し、芸妓衆は特別な「黒の出の衣装」で出演。5日間とも午前11時開演。入場料は1300円。問い合わせは熱海芸妓置屋連合組合<電0557(81)3575>へ。

華の舞ステージ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  2. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞クルーズ

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン)が…
  3. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
  4. 2017-7-22

    【観光】ウォーターパーク営業開始、 熱海サンビーチで安全願い神事

    熱海市観光協会は7月22日、大型海上アスレチック「ウォーターパーク」…
ページ上部へ戻る