熱海アートフェスティバル2013  人間国宝三人展-MOA美術館

MOA美術館では、「熱海アートフェスティバル2013」の第一弾として「人間国宝三人展」を開催中。日本の伝統工芸界を代表する重要無形文化財保持者(人間国宝)3人の作品33点を展示。出展者は、紬織(つむぎおり)の佐々木苑子さん、蒔絵(まきえ)の室瀬和美さん、竹工芸の藤沼昇さん。佐々木さんの「紬織着物『朝時雨』」「紬織絵絣着物『久方の空』」、室瀬さんの「蒔絵螺鈿(らでん)八稜箱『彩華』」「蒔絵丸筥(はこ)『百華』」、藤沼さんの「根曲竹盛籃(かご)」「さざなみ文盛籃『游心』」などが展示されている。

同展は10月2日まで。9月16日には「日本文化体験教室」を開く。

問い合わせと体験教室への参加申し込みはMOA美術館〈電0557(84)2511〉へ。

moaちらし

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る