【市政】伊豆山地区は12.13%の大幅増 7月の入湯税

熱海市が発表した7月の入湯税課税状況によると、課税者数(宿泊者数)は旅館・ホテルと寮・保養所を合わせた302施設で19万1872人。前年同月比で2307人、1・22%の増加だった。

課税額(宿泊と休憩の合計)は2931万1800円(前年同月比1・72%増)。課税額の前年同月比を地区別で見ると、熱海0・66%増、伊豆山12・13%増、泉0・4%減、南熱海2・65%増。伊豆山地区の増加は東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山& VIALA」の開業が寄与していると思われる。

業種別の課税額の前年同月比は、旅館・ホテルが3・14%増、寮・保養所が5・88%減だった。

東急はーべすと

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る