【市政】斎藤市長、今年最後の仕事は各課を巡回して訓示 仕事納め

熱海市の斎藤栄市長は仕事納めの27日、市庁舎5階の総務課を手始めに午前中いっぱいをかけて庁舎を巡回、7部22課と選挙管理委員会事務局などすべての部所を回り、労いの言葉をかけるとともに、気付いた点などを述べた。

市民生活課では、職員十数人を前に「来年は新庁舎が完成する。市民生活、保険年金、納税を一つのフロアで対応するサービスが始まるので、それに向けて準備してほしい」などと訓示した。

市長は昨年から、仕事納めの日は職員を集めて訓示するのではなく、自ら各部門に出向くスタイルに変更した。

仕事始めは1月6日。

年末巡回

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-29

    熱海市で新たに21人がコロナ感染=1月29日

    静岡県と熱海市は1月29日、市内で21人の新たな感染が確認されたと発表した。県全体では1603人。前…
  2. 2022-1-29

    土石流を旧長浜海岸に搬入 高潮対策と公園緑地化を国交省に要望

    熱海市の齋藤栄市長と地元選出の勝俣孝明衆院議員(自民党)らがこのほど、国土交通省に泉田裕彦国土交通大…
  3. 2022-1-28

    熱海市のホテル旅館、従業員対象に無料PCR•抗体検査 3000人分確保

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、熱海温泉ホテル旅館協同組合(63施設、森田金清理事長)は2月1…
  4. 2022-1-28

    熱海市で新たに16人がコロナ感染 保育園1園を休園措置=1月28日

    熱海市教育委員会は1月28日、市内の保育園の1クラスで新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、1…
ページ上部へ戻る