【市政】消防本部職員5人が伊豆大島での救援活動に出発

熱海消防本部の職員5人が30日、台風26号で被災した伊豆大島(東京都大島町)で救援活動に参加するため、熱海港芝生広場から静岡県防災ヘリに乗り込み、伊豆大島に向かった。

静岡県緊急消防援助隊第5次派遣隊に加わった伊東市消防本部と入れ替わる形で6次派遣隊として静岡市消防本部の職員8人とともに被害の大きかった元町神達地区で行方不明者を捜索する。任務は3日間。

◆第6次派遣隊 隊長・中村治貴、副隊長・港義和、隊員・鈴木悠祐、西島俊、山田拓弥

消防

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る