【経済】温泉熱の活用で新エネルギー推進を提言 熱海JC

熱海青年会議所(熱海JC)の金沢正男理事長は9日、熱海市の斉藤栄市長を訪ね、「新エネルギーの活用・普及に関する提言書」を手渡した。熱海市の特性を生かして「温泉熱による熱交換」と「小水力発電」をエネルギー施策の一つとして取り入れるよう呼び掛ける内容。

 

同会議所は今年5月、茨城大学農学部地域環境科学科の小林久教授を講師に招き、熱海市の温泉や地熱発電等の可能性についての勉強会を開き、市内ですでに稼働している温泉熱利用システムを調査している。「小水力発電」についても市内の小水力発電所設置候補地の視察・検証を行ったり、山梨県都留市の水力発電所を見学したりしている。

jc

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る