【梅園】熱海梅まつり、有料化開始

梅まつり開催中の熱海梅園で26日、早咲き梅の開花度が「有料化基準の2分咲き」を超え、3分咲きとなったたことから入園料(一般300円など)の徴収を始めた。客の入りが注目されたが、初日から大勢の観光客が詰め掛け、一足早い春の訪れを楽しんだ。現在咲いている梅は「八重寒紅」「冬至梅」「紅冬至」「玉牡丹」「甲州野梅」「鹿児島紅」「未開紅」「一重野梅」「新冬至」「十郎」「一重野梅」「増井緋梅」「八重野梅」「酔心梅」「緋の司」「大盃」「林州」で早咲き種は出そろった。

◇開花状況(23日現在) 59品種472本の梅のうち272本が早咲き。23日現在、見ごろが34本、5分咲きが16本、3分咲き26本。全体的な見ごろは2月上旬から中旬。
◇入場料 大人300円(中学生以下無料)、団体200円。市民と宿泊客は100円。これに伴い、熱海梅園入場者は隣接する澤田政廣記念美術館に入場無料になる。

メーン2 3 4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る