【県議選】若狭衆院議員が藤曲候補に”法律指南”

弁護士で衆院議員の若狭勝氏(58)が3日、藤曲敬宏氏の出陣式に駆けつけ、応援演説した。テレビニュースのコメンテーターなどでも活躍する若狭氏は、ユニークなあいさつで式を盛り上げた。

「今日15分前に熱海駅に着きまして、この後すぐに神奈川県に行きます。今回の統一地方選ではなぜか人気がある。『私の名前は”ワカサ”で”カツ”』。これがゲン担ぎになっているようで、全国の若手候補者から引っ張りだこなんです」と笑いをとったあと、元東京地検特捜部副部長らしく、法律を題材に藤曲氏支援の理由をこう説明した。

「国の法律に『熱海国際都市温泉文化都市建設法』という法律があるんです。今、日本は観光立国を目指し、観光に力を入れている。この法律は熱海を国際観光都市として建設整備するのが目的です。それには熱海市、国、県がパイプで結ばれるのが不可欠。ですから、自民党の藤曲候補を県議に選出してもらわないと困るんです。私は咲見町にも自宅を持つ、いわゆる熱海市民。熱海にはこれからもっともっと良くなっていただきたい。もちろん、藤曲さんにもワカサで勝ってもらいます」

人気弁護士、いや統一地方選期間中は人気弁士とあって、熱海駅から藤曲選挙事務所に直行し、車を待たせたまま演説し、急ぎ熱海駅へ。熱海市滞在は1時間というハードスケジュールだった。

DSC_4506SS演説OLYMPUS DIGITAL CAMERADSC_4508ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る