【社会】3月3日は「家康の来熱記念日」、御成橋を橋洗い

「家康来熱400年委員会」(二見康一委員長)は3日、糸川にかかる御成橋の「橋洗い」を行った。東照公記には、家康公は慶長9年(1604年)3月3日に湯治のため熱海温泉を訪れたとあり、その史実をもとに同委員会は06年から毎年この日に橋の清掃をしている。家康公没後400年のメモリアルイヤーとなった今年は熱海ワイズメンズクラブのメンバーや友楽町町内会(津田博之会長)など糸川周辺の4町内会の計15人が参加。御成橋とドラゴン橋の欄干を磨き、あたみ桜が見頃過ぎを迎えた遊歩道を掃き清めた。
「御成橋」の名は、家康公が熱海に御成りになったことに由来しており、橋には家康公が詠んだとされる「春の夜の夢さへ波の枕哉(かな)」の句が刻まれている。
◇徳川家康と熱海温泉 東照公記によれば、慶長9年(1604年)3月、家康公は2人の子供、義直、頼宣を連れて熱海に7日間滞在、逗留した。同年9月、京都で病気療養中の吉川広家の見舞いに熱海の湯を運ばせたり、幕府直轄領にするなど熱海をこよなく愛した。

DSCN8731DSCN8734DSCN8718DSCN8720DSCN8735DSCN8740

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る