【社寺】例大祭に向け、参道の白御影石を張り替え 来宮神社

 

 

来宮神社(雨宮盛克宮司)で正面大鳥居前の参道(長さ50m、幅3メートル)の白御影石を張り替える工事が急ピッチで進められている。7月の来宮神社例大祭に向けての工事で「夏祭りには、気持ち良く神輿(みこし)や御鳳輦(ごほうれん)の宮出し、宮入りが出来ると思います」と雨宮宮司。

 
「樹木の神」五十猛命(いたけるのみこと)が710(和銅3)年にまつられて1300年の奉祝事業の結びとして行っている事業。参道の白御影石の張り替えはおよそ100年ぶりで、今月末には完成する。

工事の期間中、大鳥居側の参道は通行止めになっている。
(熱海ネット新聞)

 

◇来宮神社例大祭

7月14日(月)=宵宮祭

7月15日(火)=宮神輿渡御、例大祭

7月16日(水)=神幸祭、御鳳輦浜降り神事

※山車コンクール(15日~16日)

 

 

参道工事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-2

    「こがし祭り」お囃子の稽古スタート  夜の熱海に太鼓と笛の音色響く

    (さらに…)…
  2. 2022-7-2

    アカオビルがリニューアル 熱海ティーとチーズケーキの店「CHAPORTE」

    創業97年の「アカオ商店」(熱海市田原本町、赤尾光一代表) は7月1日、JR熱海駅前の「アカ…
  3. 2022-7-1

    参院選 若林洋平氏、熱海で「20代〜30代若手と語る会」SNSで無党派層強化

    参院選(7月10日投開票)の静岡選挙区に自民から立候補している若林洋平氏(50=公明推薦)は…
  4. 2022-7-1

    山田治雄・熱海市議が死去 95歳、日本最高齢の市議会議員

    日本で最高齢の市議会議員だった熱海市議の山田治雄(やまだ・はるお)氏が7月1日午前0時30分ごろ、入…
ページ上部へ戻る