【社寺】沸出する泉脈に感謝、湯前神社で春季例大祭

湯前神社(雨宮盛克宮司)の春季例大祭が10日、同神社であり、湯くみ式と献湯祭が斎行された。
湯くみ式は、大湯間欠泉苑地で行われ、同神社奉賛会や熱海温泉組合、町内会の役員、観光関係者、熱海芸妓衆など30人が参列。交替で大湯間欠泉でくんだ温泉をひしゃくで手おけにくみ、それを白磁の瓶子(へいし)に移し、神社に運んだ。
神社では献湯祭が執り行われ、神事のあと若林正奉賛会会長、橋本一実県議、高橋幸雄議長らが玉串を捧げ、沸出する泉脈が絶えることなく、熱海温泉の繁栄が続くことを祈願した。

◇湯前神社 ご祭神は温泉の神様でもある少彦名命(すくなひこのみこと)。奈良時代の749年が起源とされ、古来から公家、大名をはじめ、一般庶民の信仰を集めてきた。「伊豆国神階帳」には「従四位上熱海湯の明神」と記載。大湯間欠泉と共に「熱海温泉発祥の地」として尊ばれている。

DSCN7815DSCN7818FSCN7860DSCN7830DSCN7835DSCN7850DSCN7855DSCN7852DSCN7840大湯間欠泉

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る