【経済】「春節」で1万1083人、静岡空港中国線2月搭乗者

静岡県は13日、2月の富士山静岡空港の利用状況を発表した。中国の旧正月「春節」の影響で中国路線が大幅に増え、国際線の搭乗者数は2万6730人で過去最多を記録。国内線(2万3670人)を2年7カ月ぶりに上回った。
国際線の路線別では1月28日に定期便化した天津線が7019人、上海線・武漢線が4064人、チャーター便が(60便全て中国)が8288人。中国路線が国際線の伸びをけん引する一方、ソウル線(アシアナ)は3378人、台北線は3981人だった。梅まつり開催中の熱海梅園にも多くの中国人観光客が訪れた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る