【芸妓】若手芸妓が長唄「舞妓」を集中げいこ 熱海をどり

日本一の規模を誇る熱海芸妓(げいぎ)が1年の修練の成果を披露する「第25回熱海をどり」(28日、29日)まで1カ月を切り、熱海芸妓見番歌舞練所では芸妓衆の猛げいこが続けられている。

1日は花柳あらたさんの指導の下で長唄「舞妓」のけいこが行われ、静、小夏、愛千代、笑千代、りょうの5人が参加。花柳さんが立つ位置、手や足の細やかな動きなどを注意すると、芸妓たちは真剣な表情でうなずき、一つひとつ確認していた。

今年の舞台は素囃子「寿莱序三番叟」 (ことぶきらいじょさんばそう)、 長唄「舞妓」、 常磐津「春爛漫 さくやこのはな」の3演目。

熱海温泉芸妓置屋連合組合の西川千鶴子組合長は「熱海をどりは花柳界の熱海芸者の心意気をみせる日。ぜひご覧になって下さい」と呼びかけている。

(編集主幹・松本洋二)

keiko1

手前が「静」、舞台左から「笑千代」、「愛千代」、「りょう」、「小夏」

師匠静愛千代

指導する花柳あらたさん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る