【観光】梅の女王85人の応募者から20人に絞る 1次審査会

「第28回ミス熱海梅の女王コンテスト」(熱海市観光協会主催)の1次審査が8日、熱海商工会議所で行われ、85人の応募者の中から本選に進む20人を決めた。静岡県内をはじめ東京、神奈川、千葉、埼玉の各1都4県在住・在学者を対象に公募、応募者総数は前回を59人下回る85人だった。

1次審査は書類と写真による選考で、熱海市観光協会の森田金清会長をはじめ熱海温泉ホテル旅館協同組合、熱海芸妓置屋連合組合、行政、商工関係者ら12人が「梅や桜をイメージさせる可憐(かれん)で清楚(せいそ)で健康的な女性」という基準を踏まえて選考した。最終審査は11月23日にMOA美術館で行われる。

◆ミス熱海梅の女王コンテスト 熱海温泉の観光PRの「顔」となる女性を選ぶコンテスト。1978年にスタートし、98年以降は2009年度を除き隔年開催。

選考会

履歴書

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る