【市政】タクシー乗降場を「並列」に改修工事、不便解消へ

熱海市は駅前広場のタクシー利用者の利便性向上のため、現在の乗車場の場所に、降車場も並列設置する改修工事を始めた。現在、降車場から駅改札口までは85メートルあり、「遠くて不便」と評判が悪かったが、ほぼ半分の距離に改善される。
これに伴い、現在の乗車場のスペースを拡幅し、2レーンに改修。駅側(伊東寄り)を降車レーン、外側(東京寄り)を乗車レーンにする。
それぞれのレーンに4台ずつタクシーを停車させ、降車場の中央に移動スペースを設ける。市は7月下旬の完成を目指し、7月中に供用を開始する。

からー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-26

    熱海梅園で「梅」開花 今季も日本最速 一番咲きは白の冬至梅

    日本一早咲きの梅の名所で知られる熱海梅園で10月25日、今シーズン最初の花を咲かせた。韓国庭園横の冬…
  2. 2021-10-26

    【お悔やみ】小山久子さん(熱海市下多賀)10月25日死去

    山久子さん(こやま・ひさこ)10月25日死去、91歳。熱海市下多賀1431の13。通夜27日午後6時…
  3. 2021-10-26

    【お悔やみ】星川洋章さん(熱海市小嵐町)10月22日死去

    星川洋章さん(ほしかわ・ひろあき)10月12日死去、84歳。熱海市小嵐町13の33。告別式26日午後…
  4. 2021-10-25

    公明党の石井啓一幹事長、自民党と合同で熱海駅で街頭演説

    公明党の石井啓一幹事長は10月25日、同党の衆院選比例東海ブロックと静岡6区に立候補した自民党の前職…
ページ上部へ戻る