【スポーツ】7日の入学式を前に快挙、熱海高ヨット部が全国大会で優勝

熱海高校ヨット部の加藤文哉(多賀中出身)伊井健太郎(函南東中出身)組が第24回YMFSセーリング・チャレンジカップin浜名湖に出場、高体連種目のFJ級で優勝した。毎年、春休みの期間を利用して開催されるジュニア・ユース世代の総合レガッタ大会で北海道から沖縄まで109隻・119人が参加した。

公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団(YMFS)が主催する同大会は、3月24日(木)から27日(日)の4日間にわたり、静岡県立三ヶ日青年の家(浜松市)で開催され、全国34クラブから集まった109杯・119人のジュニア/ユース選手が出場。OP級初級、同上級、ミニホッパー級、レーザー4.7級、レーザーラジアル級、FJ(フライングジュニア)級、420級の計7クラスで行われた。
熱海高ヨット部は、高体連の種目で今年のインターハイ予選で使用されるFJ級(2人乗り)に3杯が出場。レースは3日間行われ、各杯が北西の強風と春を感じさせる南西の軽風に翻弄される中、加藤/伊井組が8レース中7回トップを奪い、圧倒的な成績で優勝した。熱海高は杉本凌我/鍋嶋琉生組が2位、小山内希流/田野文彬組が4位に入賞し、静岡県内最古の高校ヨット部の伝統を誇る、同高のV字復活を全国に発信した。
1996年アトランタ五輪銀メダルの重由美子、2004年アテネ五輪銅メダルの関一人はともに高校時代このFJ級で技術を磨いた。
文と写真=熱海高校ヨット部コーチ・鷲尾大吾

◆スキッパー(舵取り)加藤文哉「インターハイ優勝するためにヨット部に入った。通過点であるこの大会を優勝できたことは大きな自信になった。。インターハイ優勝も夢じゃない、それが熱海高校ヨット部」
◆クルー(バランスをとる役)伊井健太郎「スタートが下手なので良いスタート出来るように練習をしてきたことが好結果につながった。コンビネーションでは悪いところをフォローし合い、良いところは伸ばしていきたい」

01_main

IMG_5109

加藤文哉君(左)、伊井健太郎君と静岡県セーリング連盟中嶋浩二郎会長代理

IMG_2619 IMG_6369 (1) IMG_4081 IMG_4492

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る