【市政】議長に杉山氏 副議長は金森氏浮上

熱海市議会(定数15)の最大会派、自由民主党議員団(7人)は11日、市役所で議長問題を協議し、次期議長候補に同会派の杉山利勝副議長を推すことを確認した。友党関係にある公明党の米山秀夫議員を含めると過半数を満たすため、同氏の選出が決定的となった。

副議長は同会派から選出することも可能だが、新人の竹部隆を除く6氏が党3役及び議長経験者。元市財政部長の竹部氏は議員として市長との論戦を希望していることから、第2会派の民主党・市民クラブ議員団(4人)に譲る案も浮上している。
その場合、同議員団は金森和道議員を推薦するとみられ、同氏の副議長就任が有力視されている。
正副議長選は18日の市議会5月臨時会で行われる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA金森アップ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  2. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  3. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  4. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
ページ上部へ戻る