【市政】1月末の人口3万8004人 昨年末から51人、世帯数33減る

熱海市は1月末現在の地区、月別人口及び世帯数を公表した。総人口は3万8004人(男性1万7192人、女性2万0812人)で前月比で51人減り、3万8千人台を何とかキープした。男女別では男性が22人、女性が29人減少した。13人が出生し、62人が死去。転入が135人、転出が137人。
地区別では、熱海2万658人(前月比32人減)、伊豆山3590人(2人減)、泉2433人(9人減)、初島201(1人減)、上多賀3258人(1人増)、下多賀6350人(3人減)、網代1514人(5人減)。世帯数も2万1244で33減少した。
隣接する函南町の1月末人口は3万8178人。昨年8月末の時点で市が町に逆転されている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る