管理事務所のトレーラーハウスが2台に、熱海港海釣り施設がリニューアル

大型連休を前に、熱海港海釣り施設のトレーラーハウスの管理棟がリニューアルされ、4月12日オープンした。新しいトレーラーハウスは、1台から2台へ 増え、1台は利用者受け付け、もう1台はスタッフの控え室やライフジャケットの乾燥室などのバックヤードとして使用する。工事費は約3700万円。
海釣り施設は、熱海港北防波堤(260メートル)を熱海市が静岡県から借り受けて整備し、2006年4月にオープン。NPO法人SEA WEB(安田和彦理事長)に管理を委託している。
開設時の管理棟はプレハブで、09年9月の高潮で全壊し、10年2月から台風の時に移動可能なトレーラーハウスを管理棟に使用してきた。10年が経ち、老朽化が進んだため更新した。
今回のリニューアルで、これまで男女兼用で1室しかなかったトイレも男女別に各1室を設け、利用者のニーズに応えた。営業時間や料金は変わらず、これまで通り、台風や高潮時にはけん引して移動する。
熱海港には、年間を通じて約3万6千人の利用者が訪れ、利用者が近隣の飲食店や旅館を利用するなど、地元への経済波及効果も大きい。
国交相は安全な海釣り施設整備や親子釣り教室や浜焼きバーベキューといった集客ノウハウをなどを全国に広めるモデル港に熱海港を指定している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
  2. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  3. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  4. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
ページ上部へ戻る