熱気球で熱海を空中散歩、搭乗体験が観光客に人気/熱海サンビーチ

熱海サンビーチで4月20日、大型観光誘致企画「静岡デスティネーションキャンペーン(~6月)」の一環で熱気球の遊覧体験が開かれ、多くの観光客が非日常の空中フライトを楽しんだ。
熱海市観光協会とエイペックス・スポーツが実施しているもので、参加者はインストラクターとゴンドラに乗り、ロープで熱気球を固定し、高さ約20メートルまでゆっくり上昇。約5分間、独特の浮遊する心地よさと澄んだ空気を満喫しながら、熱海の街並み、砂浜、相模灘の眺望を360度楽しんだ。
天候や強風で変わることもあるが、時間は午前8時~12時。料金は1人1500円(未就学児から大人まで同一料金)。当日会場で先着順に受け付けている。
21日も開催予定(天候により変更、中止あり)で、次週以降も下記の日程で開催する。
期間中は、サンデッキで「セルフバランススクーター」体験会も同時開催している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■問い合わせ 電話0557ー85ー2222(熱海市観光協会)
■開催日
3月 31日(日)=強風で中止
4月 20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)
5月 11日(土)、12日(日)、25日(土)、26日(日)
6月 8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る