熱海梅園「梅まつり」 林州など18品種、244本が開花 =1月16日現在

「梅まつり」開催中の熱海梅園で新たに鶯宿(おうしゅく)、新冬至、林州、鹿児島紅、大盃、紅冬至、一重野梅、十郎が開花した。熱海市は毎週木曜日に園内の開花状況を発表しており、この1週間で8品種増え、園内に咲く梅は59品種中、18種にー。全体の開花度は1分強だが、全472本の梅の木の244本が開花している。
淡紅色(うすべにいろ)の可憐な花を咲かせ、一際目を引いているのが林州(りんしゅう)」。奈良県吉野地方の固有の梅で熱海梅園には1本しかなく、ファンが多い。梅干にすると、とても柔らかくて美味しい梅干になるという。
鶯(うぐいす)の宿と書く鶯宿は1200年の伝統を誇る古来品種の実梅。高級梅干として知られる。

1月19日(日)は、中央広場で津軽三味線ジョージ・ジョンガラショー&安来節どじょうすくいのステージや甘酒の無料サービスなどがある。
(熱海ネット新聞)


■1/16現在の開花状況=毎週木曜日に集計
全体(59品種・全472本)244本開花=1・14分咲)
(2分咲き47本、3分咲き15本、見ごろ30本)
・早咲き(全271本)210本開花
・中咲き(全104本)32本開花
・遅咲き(全97本)2本開花
■開花している梅
鶯宿(おうしゅく)、新冬至、林州、鹿児島紅、大盃、紅冬至、一重野梅、十郎、玉牡丹、甲州野梅、紅冬至、増井緋梅、八重寒紅、冬至梅、緋の司、八重野梅

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る