18日未明から初雪、熱海市の山間部が銀世界! 積雪で路面凍結に注意

本州の南岸を進む低気圧の影響で、熱海市の上多賀・自然郷、熱海・笹尻交差点付近では1月18日未明から雪が降り出し、積雪が増えている。上多賀の熱海自然郷では、一面の銀世界となり、熱海ネット新聞に写真を寄せた住人によれば、前夜の雨が18日未明に雪に変わり、朝方は粉雪、昼頃から大粒の雪、夕刻から再び粉雪に変わったという。熱海市では今季の初雪、5センチ以上の積雪は2年ぶり。市は路面の凍結などに注意するよう呼びかけている。

この日の熱海は今季の最低気温2・8度(網代、午後2時7分)を観測。市街地でも熱海駅で冷たい雨やみぞれが降るなど、全域で冷え込んだ。県が架け替え工事を進めてきた伊豆スカイラインの「十国峠橋」開通式は除雪して開かれ、予定されていた糸川遊歩道の「あたみ桜糸川桜まつり」のイベントは中止となった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る