熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、前年度比6・1%減の186億3100万円(12億1200万円減少)。特別会計と3公営会計を合わせた予算総額は3・1%減の373億8200万円(11億7652万円減)。歳入は市税が0・9%増えて総額98億2000万円。市債は32・9%減の13億6000万円。

齋藤栄市長は新年度を「熱海2030年ビジョン基礎づくりを加速させる年」と位置付け、「観光・経済の活性化」「教育・福祉の充実」「仕事・くらしの改革」の3点を柱に据えた。

観光・経済では、観光推進の司令塔を担う組織「熱海型DMO」構築および宿泊税も選択肢に入れた財源確保の検討に800万円。教育・福祉では民営を含む幼稚園・保育園・認定こども園11園の3歳〜5歳児の給食副食無料化に1345万円。仕事・くらしでは、出産を予定している市民に対し2万円を支給する「あたみっ子出産応援金」事業に220万円(110人分)を計上した。またあたみ出産時の入院に際して、必要な設備を備えた専用車両救急車)が、自宅から病院まで送すサービス「マタニティ・サポート119番」をスタートさせる。

東京オリンピック・パラリンピック関連では、パラの聖火スタートセレモニーに110万円した。新型コロナウイルス対策および2年続けてきた熱海国際映画祭関連予算は計上しなかった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る