坂本武典さん、コロナ終息願い「アマビエ」制作 「彩遊季工房」玄関に展示

熱海市の日本画家坂本武典さん(44、日展会友)が、江戸時代の瓦版に掲載された厄よけ妖怪「アマビエ」を描いた「天日江(アマビエ)」を制作し、感染拡大が続く新型コロナウイルスの1日も早い終息を願っている。
アマビエは江戸時代末期に肥後国(熊本県)に出現したとされる半人半魚の妖怪で、疫病の流行を予言し、「疫病が流行した時には、私を描いた絵を人々に見せよ」と言い残したと伝えられている。

例年、坂本さんはゴールデンウィークに主宰する「アトリエブデン熱海絵画教室」の作品を集めた「彩遊季(さいゆうき)」展を起雲閣で開いているが、今年は政府の緊急事態宣言に応じて中止した。
「天日江(アマビエ)」は、市内渚町の自身のアトリエ「彩遊季工房」(三木製菓の隣り)入り口の屋外部に展示箱を新設して公開。5月半ばまで展示し、その後は2週間ごとに新作を入れ替えるという。

坂本さんは「散歩のついでに立ち寄って見ていただければと考え、感染防止のため、屋外に展示した。アマビエが皆さんをウイルスから守り、一日でも早く日常が戻ってほしいと願っている」と話した。
自粛疲れの生活に小さな癒やしのスポットが出現ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る