坂本武典さん、コロナ終息願い「アマビエ」制作 「彩遊季工房」玄関に展示

熱海市の日本画家坂本武典さん(44、日展会友)が、江戸時代の瓦版に掲載された厄よけ妖怪「アマビエ」を描いた「天日江(アマビエ)」を制作し、感染拡大が続く新型コロナウイルスの1日も早い終息を願っている。
アマビエは江戸時代末期に肥後国(熊本県)に出現したとされる半人半魚の妖怪で、疫病の流行を予言し、「疫病が流行した時には、私を描いた絵を人々に見せよ」と言い残したと伝えられている。

例年、坂本さんはゴールデンウィークに主宰する「アトリエブデン熱海絵画教室」の作品を集めた「彩遊季(さいゆうき)」展を起雲閣で開いているが、今年は政府の緊急事態宣言に応じて中止した。
「天日江(アマビエ)」は、市内渚町の自身のアトリエ「彩遊季工房」(三木製菓の隣り)入り口の屋外部に展示箱を新設して公開。5月半ばまで展示し、その後は2週間ごとに新作を入れ替えるという。

坂本さんは「散歩のついでに立ち寄って見ていただければと考え、感染防止のため、屋外に展示した。アマビエが皆さんをウイルスから守り、一日でも早く日常が戻ってほしいと願っている」と話した。
自粛疲れの生活に小さな癒やしのスポットが出現ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る